logo_kaidousanpo

東海道15 二川⇒新居町

15km 2017年7月30日
初めて青春18きっぷを使った旅でした。
往復2,800円(定期多治見⇔金山を除く)が2,370円で行けました。
これからは遠くなるばかりなので、使用期間の9月10日まで体力が続く限り使い倒します。
街道散歩始めて、最初の海に出会いました。
車で出かけて観る海とは違い、格段に感激しました。

☟タイムラプス動画です。

【下記の写真は、クリックで拡大】

ooiwajinjya

大岩神明神社googleMAPへ

社伝によると、当神明宮は古く文武天皇2年(698年)岩屋山、南山麓「かささ」に巌根の庄大岩の里人に依って創建祭祀されたと伝えられている。 正応元年(1288年)北条貞時の世、郷民は岩屋山麓より南の方本郷へ移住したので、翌年正応2年(1289年)神明宮も本郷へ遷宮奉斎した。
天正11年(1583年)海道替えの為、郷民は本郷から元屋敷に引越し、60年後の正保元年(1644年)二川宿加宿の為、更に今屋敷に引越したが、神明宮は正徳2年2月(1712年)に於いて本郷より現在地に遷座した。
当神明宮は、古来より武門武将の崇敬篤く、織田信長は、陣太鼓を寄進して戦勝を祈願し、徳川家康は、御朱印社領三石五斗を奉り、継目して明治維新に至った。
futakawasyuku

二川宿本陣資料館googleMAPへ

二川宿は、東海道五十三次の33番目の宿場である。三河国最東端の宿場町である。征夷大将軍の天領であった。
1601年(慶長6年)の東海道設定当初から、三河国渥美郡二川村と大岩村の2村で宿場として人馬継立業務を担当していた。しかし小さな村であり、また1.3kmほど離れていたため、しばらくすると負担に耐えられなくなった。江戸幕府は1644年(正保元年)に二川村を西に、大岩村を東に移動させ、二川宿と加宿大岩町として再構成させた。江戸の日本橋より西に72里3町 (単位)(約283km)に位置し、東の白須賀宿とは1里17町(約5.8km)、西の吉田宿とは1里20町(約6.1km)離れており、町並は12町16間(約1.3km)の長さがあった(二川宿は6町36間、大岩町は5町40間)。二川宿には本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠が約30軒ほどあり大岩町は宿ではなく町であったため旅籠は設置されなかった。
kabou

白須賀宿の火防googleMAPへ

東海道白須賀の宿は、津波の難を恐れ、宝永五年(一七〇八)潮見坂の下から、坂上へ宿替えをした。それまでの坂下の白須賀を、元宿と呼ぶのはこの為である。
 宿場の移転以来、津波の心配は無くなったが、今度は冬期に西風が強く、たびたび火災が発生し、然も大火となることが多かった。これは当時、殆どの家の屋根が、わら葺きであったことにも依る。
 そこで此の火事をくい止めるために、生活の知恵として工夫せられたのが火防で、人々は「火除け」とか「火除け地」とか呼んで大切にしていた。
 火防の広さは、間口二間(三・六M)奥行四間半(八・二M)で、常緑樹で火に強い槇が十本くらい植えられ、元は宿内に三地点・六場所の火防が有った。
natumemikamaro

夏目甕麿邸跡googleMAPへ

白須賀生まれの国学者 夏目甕麿 は通称嘉右エ門、萩園と号した。酒造を業とし、国学を内山真龍 に学び、のちに本居宣長 の門に名を連ねた賀茂真淵 の「万葉集遠江歌考」「鈴の屋大人都日記」等を上梓出版して国学の普及につとめた。著書に「古野の若菜」等数編がある。文政五年(一八ニニ)没。
 子供の加納諸平 は甕麿の長子、柿園と号した。若くして紀州和歌山の本居大平 のもとに寄寓。乞われて加納家の養子となり、のちに紀州候に召されて国学を講じ、国学所総裁となる。
 諸平には「当代類題和歌選集」のほかに柿園詠草拾遺等の家集をはじめ、数多くの著作がある。安政三年(一八五九)没。
hozumejinjya

火鎮神社googleMAPへ

火鎮(ほずめ)神社は、旧東海道沿いの湖西市白須賀(こさいししらすか)の東端に鎮座しています。由緒などは、度重なる社家(しゃけ)の火災のため判然としない部分もありますが、徳川家康の崇敬を厚く受けたと伝えられ、宿場町であった白須賀宿の鎮守といわれています。
祭神として祀られている火之迦具土神は、火を護る神です。秋葉の火まつりや火防せの神社として名高い秋葉神社の祭神でもあります。
bouhana

棒鼻跡 googleMAPへ

ここは新居宿 の西境で、一度に大勢の人が通行できないように土塁が突き出て枡形をなしていた。
 棒鼻とは、駕籠の棒先の意味があるが、大名行列が宿場へ入るとき、この場所で先頭(棒先)を整えたので、棒鼻と呼ぶようになったともいわれている。
araisekisyo

新居関所 googleMAPへ

正式名称が今切関所(いまぎれせきしょ)。新居の地名の由来は、「明応7年8月の地震津波以前の湖口」の絵図によると、阿礼の崎(あれのみさき)に荒井の集落があり、舞坂は当時前沢と呼ばれていた。
浜名川の浜名橋に橋本があり、東海道が交差した港湾都市であった。鎌倉時代には東海道の要衝として宿が置かれ、応永9年(1402年)には足利義満により橋本、天龍、大井、富士河、木瀬河は、今川泰範を「奉行職」として管理されていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。