logo_kaidousanpo

定光寺街道1 定光寺⇒印場

16km 2016年11月26日

定光寺の紅葉もきれいだったなあ。朝の静けさの中、陽の光に包まれた境内は厳かで美しかった。日本らしい美しさかな。途中の水野団地は昔尾張藩の鷹狩の場だったそうですが、今では大きな住宅団地やイオンがど~んと鎮座してました。今から200年後にはどうなっているのでしょうか?
明日は雨でしょうから、頑張って16kmまで延ばしました。ゴールは吉野家で牛丼と缶ビールでした。いまいち期待外れの昼食でした。

【下記の写真は、クリックで拡大】

jyoukoujieki_kara

定光寺駅からの景色googleMAPへ

定光寺駅の歴史
1919年(大正8年)5月19日国鉄中央本線の多治見駅-高蔵寺駅間に玉野信号所として開設。
1920年(大正9年)8月15日定光寺仮停車場に昇格、旅客営業開始。
1924年(大正13年)1月1日定光寺駅に昇格、荷物の取り扱いを開始。
1970年(昭和45年)10月19日荷物の取り扱いを廃止。

jyoukouji_keidai

定光寺境内googleMAPへ

建武3年(1336年)、覚源禅師(平心處齊)が籐左衛門尉の案内で尾張国山田荘水野郷を訪れ、この地方の領主であった水野致国と美濃国小田の山内入道が開基檀越となり、臨済宗建長寺派の寺院として創建した。
慶安3年(1650年)に尾張徳川家初代徳川義直が没すると、寺域に隣接する山林にその翌年から3年をかけて源敬公廟(徳川義直廟墓)が造営され、尾張徳川家の庇護を受けるようになった。

jyoukouji_sandou

定光寺参道googleMAPへ

syoudenike

定光寺公園の正伝池googleMAPへ

ityou

銀杏の木googleMAPへ

銀杏の木がこんなにも大きく黄色いのか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。