logo_kaidousanpo

佐屋街道?陸路 弥富~桑名

9km 2017年1月28日

今回は短めでした。風景を楽しんできました。いつもと違う風景の中を歩くのは気持ちいいです。ちょっとした小旅行気分でした。
桑名駅近くの「はまぐり食堂」で焼き蛤を酒の肴の昼飯でした。癖がなく美味しかった。後味が何とも言えなく良かった。
佐屋街道では水路になるため、陸路ではこのカテゴリーに入れてよいか迷いますが?

☟タイムラプス動画です。

【下記の写真は、クリックで拡大】

owarioohasi

尾張大橋から観る木曽川googleMAPへ

尾張大橋ができる(昭和8年)前は、「ふたつやの渡し」と呼ばれる渡し船が存在していた。これは1873年(明治5年)、新東海道が設定された際に設けられたもので、1921年(大正10年)以降は愛知県営の無料渡船として運行されていた。

nagasimajyou_ootemon

旧長島城大手門googleMAPへ

長島城の起源は、寛元3年(1245年)、藤原道家が館を築いたことにさかのぼる。文明14年(1482年)、北勢四十八家の一人、伊藤重晴によって城が再建された。元亀元年(1570年)、一向宗・願証寺の住職・証意(蓮淳の曽孫)によって伊藤氏一族が追放され、長島一向一揆の拠点となった。その後、織田信長によって攻略され、滝川一益の居城となった。賤ヶ岳の戦い後、織田信雄の居城となるが、1586年の天正地震で天守が倒壊するなど甚大な被害を受けたため、清洲城に移った。

inariakinamijinjya

稲荷阿岐波神社googleMAPへ

稲荷阿岐波神社の石取祭は、 30数台の祭車が、鉦や太鼓を12時に春日神社から一斉に打ち鳴らして練り歩く様から、「日本一やかましい祭り」、「天下の奇祭」と呼ばれる。

iseoohasi_ibukiyama

伊勢大橋から観る伊吹山?googleMAPへ

turibito

釣り人発見googleMAPへ

寒そう~冷たそう~

nagaragawakakouzeki

長良川河口堰googleMAPへ

建設に当たり、利水や治水の観点から建設を望む声がある一方、長良川の生態系や漁業などへの悪影響などが懸念され反対運動が起こり、建設の是非をめぐる論争が発生した。
長良川に初めて造られた堰。長良川はこの河口堰が出来るまで、本州で唯一の本流に堰の無い大きな川だった。
治水のためだったら、もっと早く造っていただろう?

sitirinowatasiato

七里の渡跡一の鳥居googleMAPへ

慶長6年(1601)、桑名宿と宮宿(現名古屋市熱田区)の間は、海路7里の渡船と定められた。
ここは伊勢国の東入口にあたるため、天明年間(1781~1789)に、伊勢神宮の「一の鳥居」が建てられ、以来伊勢神宮の遷宮ごとに建て替えられている。
常夜燈は江戸や桑名の人達の寄進によって建立され、元は鍛冶町の東海道筋にあったが、交通の邪魔になるので、ここへ移築された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。